Category放射能測定情報 1/3

8/30 【放射能指定廃棄物「最終処分建設問題を考える」】古川開催

学習討論集会■最終処分場建設問題を考える■【宮城県・放射能指定廃棄物について】■開催日程 :2014年8月30日 午後13時半より■開催場所  大崎職業訓練センター以前から、私達も2011年3月11日から気にしていましたが、やっぱりな・・・そんな目線で見ていました。当初、話になった時には、「宮城県内の震災による産廃処理のため」との話だったようで、該当地域に選ばれたところでは、震災ガレキであれば仕方ないだろうと信じてい...

  •  0
  •  0

宮城県内のスギ林、土壌などセシウム上昇

宮城県内のスギ林、土壌セシウム上昇2013年12月15日発表の共同通信記事によると、2011年に起きた東京電力福島第1原発事故により放射性物質に汚染された宮城県のスギ林で、落ち葉層と土壌の放射性セシウム濃度が時間の経過とともにいずれも上昇していることが15日、県の調査で分かった。葉が落ちてセシウムが土壌に浸透したとみられる。土壌を広く取り除くのは難しく、林業や林産物栽培への影響が長引く恐れがある。 調査は同県...

  •  0
  •  0

9月20日公開「住民持込み放射能測定結果・宮城県」

9月20日付けで宮城県において、住民持込み放射能測定結果が出たのでご報告いたします。なお、一部の方で誤解をされている方がいるようですが、日本国政府が定めている基準値(Bq/kg)は、・一般食品:100・飲料水:10(水道水など)・牛乳,乳児用食品:50実施主体、品目名、種別、採取(生産)場所で検出されたものとなります。1.大崎市 品目名:イワナ 自然から採取 生産場所:大崎市 1302.美里町 品目名:ヒラメ 自然から採取 ...

  •  22
  •  0

武田教授による食材汚染

武田教授と言えば、様々な観点から放射能被害についてお話をしていますが、ちょっと気になる情報がありましたので残しておきたいと思います。◆【関西以西の食材の汚染】武田教授の話によりますと、◆もっとも危険な食材汚染地域・福島県◆やや危険な食材汚染地域・岩手県南部・千葉県・宮城県・栃木県・群馬県・東京都・山形県東部・神奈川県・岩手県北部・青森県東部・埼玉県・北海道太平洋側・長野県・静岡県・山梨県・新潟県以上...

  •  0
  •  0

トリチウム濃度上昇5日間で36倍 東電「15万ベクレル検出」

14日からウジャトは通常営業となっております。そんな中、冥王星について連日お話をしていましたが、日本と冥王星との関係は、実は深い関係。冥王星=プルトニュームとも言われています。冥王星のお話をしたタイミングから、福島原発の汚染水問題が異常な程に伝えられています。皆さんは、この汚染水問題=国家問題をどのように考えていますか?トリチウム濃度上昇5日間で36倍 東電「15万ベクレル検出」URL: http://headlines.y...

  •  4
  •  0

一番遅かった宮城県「環境放射能水準調査結果(月間降下物)」

今回の内容は宮城県の人にとって、どう受け止めるかがポイントになりそうです。今では「過去の出来事」、「終わったこと」として受け止めている方が多くなってきた2011年3月11日に発生した「東日本大震災」この地震と津波により、東京電力が管理している福島原発で世界的大規模事故が発生しました。当時、被害を受けていた地域によって、情報到達時間は様々でした。私は、当時、福祉施設が避難所指定となっていたので、担当者(市役...

  •  2
  •  0

宮城県・5月31日食品出荷制限情報

宮城県 5月31日付け 食品の出荷制限日について前回、宮城県産のヒラメについて出荷制限をお知らせしましたが、今まで以上に次から次へと出荷制限食品の数が増えてきたようです。正しくは、やっと公表されるようになったが正しいのかもしれません。一部、資料の加工の際に地域が途切れている部分がありますのでご了承ください。出荷制限とは、食べてはいけない、摂取しないようにとの意味です。大崎市では、シイタケ、こごみ、わ...

  •  2
  •  0