私達の知らない所で、おかしな内容について政府が検討に入ろうとしているようですが、皆さんはご存知でしたか?

死亡消費税

スポーツ新聞や日本政府などの動きについて書いている日刊ゲンダイにて取り上げられたものなのですが、一部ツイッターでは「ついに日本政府の暴走が始まった」などといった話題になっています。しかし、これは話題になってもおかしくないことですよね。以前の安倍総理だったらこんなことを考えるような方ではなかったのに、いったい何が起きてしまったのでしょうか。

日刊ゲンダイURL:http://gendai.net/articles/view/syakai/142798

引用

死亡消費税」ってご存じですか。3日に開かれた政府の社会保障制度改革国民会議でメンバーのひとり、東大大学院教授の伊藤元重氏が言い出した新型税制だ。導入の検討を提言していて、霞が関の関心を集めている。で、どんな税制かというと、これがまたフザケているのだ。

「急速な少子化の下、膨らみ続ける高齢者医療費は〈高齢者自身が一部負担すべき〉が、伊藤氏の持論です。しかし、年金所得からの天引きを増やせば、高齢者の不満は募る。そこで高齢者の保有資産に税をかけるという発想で、生前ではなく、死亡時に税を課す。死ぬと同時に遺産から消費税と同じ程度の比率で一律に税を徴収する。だから、〈死亡消費税〉なのです」(霞が関関係者)

死ぬ瞬間まで消費税?
すでに相続税があるじゃないか?


そんな批判が聞こえてきそうだが、伊藤氏は百も承知のようだ。過去の論文でこう書いている。

〈日本の個人金融資産の75%は60歳以上の人が、個人保有の不動産の75%は50歳以上の人が保有している〉〈高額の相続については多くの遺産相続税がかかるが、相続税には控除の制度があるので、大部分の人は相続税を払う必要はない〉――つまり、金持ち以外の老人からも、税金をブン捕ってやろう、ということだ。早い話、控除のない相続税の拡大だ。

「伊藤氏は『社会の貴重な資産が相続という形で一部の運のよい子孫に相続されるよりは、社会全体のために使われた方がよい』とも語っています。さらに死亡時に税をかければ、お年寄りが生きている間に消費するようになり、『有効な景気対策にもなる』と大ノリ気です」(官邸事情通)

すでに安倍政権が実施した「1500万円まで非課税措置となる孫への教育費贈与」と発想は似ている。「死亡消費税」の下地はできつつあるわけで、ホント、この政権は油断もスキもありゃしない。


引用終了

びっくりしましたね。正式に決まったことではないわけですから一般人の私達が騒いでも届かないのでしょうが、この死亡消費税について聞いてみると、返ってくる言葉は・・・・

えぇぇぇぇぇ~、死んでからも消費税取るの!?無理!!

でした。

驚いて当たり前の内容ですからね。
しかし、金銭的に恵まれている方にとっては負担の重さについては理解できないことであって、ごく普通の人だったら負担に対する不満や疑問をもつものです。今後の課題としては、死亡消費税の負担の枠がどこまでなのか、資産がない人からも取るのか、また相続税と2重加算で請求されるものなのかが問題になるでしょう。

これからの時代は、お金を持っている人でも知識がない人は、切り捨てられる時代です。知りませんでしたじゃー自分の身は守られない時代になりますよ。

ただ、忘れてならないことは、日本の今後の運命を決めるのは
私達です。




携帯モバイル専用サイト→ (コピペしてね) http://shop-ujat.ocnk.net/
・スマートフォンのお客様→http://shop-ujat.ocnk.net/phone/

☆クリック1票が元気の元になります!応援よろしくお願います!☆

○アクセスランキングにお願いします!○
仙台人気ブログRanking
にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東北情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 大崎(市)情報へ
ブログランキング
ウジャト
Posted byウジャト

Comments 1

There are no comments yet.
仙台藩伊達君  

何を考えてんだ?日本国民が裕福だとでも思ってんのかな?自民に入れた人の結果でしょうからね

2013/06/10 (Mon) 22:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply