宮城県大崎市にて結核集団感染発生


季節の変わり目もあると思いますが、宮城県内ではインフルエンザの流行が、
依然拡大していてる状態が続いているようです。

保健所などでの発表によりますと、患者数は2013年の同じ時期の10倍近くになっているようです。
ちょっと異常なまでの拡大といえるようです。

保健所別の資料を参考にしてみますと、宮城県内では大崎市が62.13人と最も多くなっており、
仙南で50.13人と、前の週に比べ7.25人増えています。

引き続き警戒を呼びかけてます。


そんな中、更なる問題が続けて発生したようです。
地方報道によりますと、宮城県大崎市にて結核集団感染が確認されたとの報道がありました。


東北放送より引用------------------------------------

大崎市の女性(19)が結核を発病し、その後、女性の家族など、
これまでに合わせて23人が感染していることが分かりました。

県感染症対策室によりますと、大崎市に住む女性(19)が、2013年11月結核と診断され、
発病していることがわかりました。

このため、大崎保健所が女性の通学先の学生や家族など、女性と接触のあった346人の健康診断を実施しました。

その結果、女性を含めて23人が結核に感染していることが分かり

宮城県では、20日に集団感染であると正式に発表しました。

女性以外は、いずれも発病しておらず、県ではこれ以上、感染が広がる恐れは低いと見ています。

県内ではここ数年、200人以上が結核に感染していますが、
集団感染については国への報告が義務付けられた1993年以降9件目となります。


以上終了


ここ数年と伝えていますが、私が聞いている話では
2011年3月11日以降から激増しているとの話でした。

増加傾向としては、結核、甲状腺、腎臓病、白血病、大腸ガンなど。
成人だけでなく、幼い子供にも増えている傾向があり、改めて警戒しなくてはならない状況ではないかと考えられます。


先日、原発問題で福島の放射能数値が間違って低く報告されていたとの話や、想像以上に宮城県や仙台市、大崎市なども
線量が上昇していたことも某報道番組で発表されていました。

当初から、症状は3年後辺りからだろう言われていたようですが、
確かに隠されていた問題点がドンドン発表され、それと重なるように病気なども増えてきているようです。


現在も、線量が上昇続けていますので、
本来であれば、エアコンは使用しない方がよいかもしれませんね。

花粉や黄砂などもあるようですから全国的に該当することだと思います。
因みに電気代も節約になります。

また、日頃から食生活にも注意を払うべきです。

雪が降った後や雨が降った後は、必ず高くなっています。
出来る事でしたら水などは注意してください。

そして、なによりも体調が悪いと感じたら、外出は控えて無理はしないこと。

可能な限りマスクなどの対策と手洗いを心掛けましょう。




携帯モバイル専用サイト→ (コピペしてね) http://shop-ujat.ocnk.net/
・スマートフォンのお客様→http://shop-ujat.ocnk.net/phone/


☆クリック1票が元気の元になります!応援よろしくお願います!☆

○アクセスランキングにお願いします!○
仙台人気ブログRanking
にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東北情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 大崎(市)情報へ
ブログランキング

ウジャト
Posted byウジャト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply