こんばんは^^

ウジャトです。

本日は全国的な猛暑

ここまで厳しい暑さが続くと、何かと体調も壊しやすくなりますので

冷やし過ぎずにお過ごしくださいね。


さて、ウジャトでも年齢に関係なく
大人気の鉱石があります。

琥珀


久慈産「琥珀ペンダント」

琥珀にも様々な色合いがありまして、
ドイツでは子供のお守りとして大切に与えられるようです。

ちょっと、琥珀についてご紹介しますと、

6月2日の誕生日石としてアンバー(琥珀)が指定されています。

琥珀」は鉱石なんですか?と質問を頂きますが、琥珀は古代の樹木から流れ出た樹脂が地中で化石化したもので、一般的に知られている宝石とは異なる、有機物となります。

美しく透明感の高いものから不透明なもの、黄色やオレンジ色、褐色など約250色あり、樹脂の状況や年代によって多彩なバリエーションがあります。

その中でも、世界中の裕福層の方や有名なオークションなどで高値取引をされるのが

樹液に閉じ込められた虫や、植物の葉が混入しているものもです。

博物館レベルになると、本当に小さなサイズであっても、数千万円での取引になります。

宝石ではないのですが、宝石の種類として取り扱われてることが多くなってきました。

アンバー(琥珀)は、こすると静電気を帯びる特徴があるため、

「大自然からのダイナミックな良い気を引寄せ、悪い気から守る」

と言われているようです。

さらに転じて金運や人間関係、人気を向上させる効果も備わるとも云われ、身体の中に溜まっている余分なエネルギーをを排除し、必要な温かいエネルギーを入れ替えるとも言われています。マイナスが溜まると心身ともに不調になるもので琥珀は不要となった気を大地に戻し、本来の新しい力を体全体へ流してくれる嬉しい効果もあります。

そのためか、当社でも子宝で悩んでいるお客様に、オススメしたところ赤ちゃんが授かったとご夫婦でお礼参りにいらっしゃったことがありました。また、受験されるお子様にプレゼントとして購入されたお客様も合格されました。

人間関係での悩みや、いじめなども、自分が分からない部分で良い働きが出来なくなり止まってしまっているのかもしれませんね。


しかし、残念なことは、人工的に作成された手芸用の琥珀ビーズなどが大量生産されているため、本物志向を求める方が多くなっているため価格も高騰してきているようです。

人工石は、値段的にも非常に安く、気軽に手に入れることができますが価値は一切ありません。

あまりにも価値と価格が合わないお店はお勧めできません。

人工的に加熱処理して、アンバーに改変されるのも多いようです(ほぼ格安で販売されているアクセサリーやビーズは人工です。)。また、コーパルを溶かして固めた再生琥珀や、外見を似せた樹脂製のイミテーション、さらに樹脂やコーパルに人工的に虫を入れたものもあります。

再生処理でも琥珀でしょ?と云われているお店もありますが、価値はありません。あるとしたらお土産としてです。

特に、この琥珀を入手の際には、注意が必要なものとなります。


ウジャトで取り扱っている琥珀は、

安心の18K金具が付いている
最高級の琥珀ペンダントでございます。

気になされた方は、是非お問い合わせ下さい。


ウジャト
Posted byウジャト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply