学習討論集会

■最終処分場建設問題を考える■

宮城県放射能指定廃棄物について】


■開催日程 :2014年8月30日 午後13時半より

■開催場所  大崎職業訓練センター





以前から、私達も2011年3月11日から気にしていましたが、やっぱりな・・・そんな目線で見ていました。

当初、話になった時には、「宮城県内の震災による産廃処理のため」との話だったようで、該当地域に選ばれたところでは、震災ガレキであれば仕方ないだろうと信じていたそうです。ほとんどの人が何も疑わずに信じていたそうです。

しかし、時が3年経過したころから話は、現実と違うものでした。

「福島原発で出た高濃度放射性廃棄物の処理」

しかも、それは8000ベクレル以上の放射性廃棄物だと言う事でした。

現在、該当地域に指定された市長さん達は、頑張って知事に意志を伝えていますが、先日の報道では「詳細調査を強行」決断したそうです。

もし、受け入れた場合、最初の何年間は区間を決めて、これだけの物だけしか処分しないからと伝えると思いますが、現在の日本政府の対応を見ている限りでは、必ず、どんでん返しが起きるはずです。監視を強化し、それだけの保証をするとも言われているようですが、必ず、このことにより想像がつかなかった問題が次から次へと出てくるでしょう。

時間が経過したことで、以前より意識をする人は少なくなったようです。

中には、終わったものだと信じている人もいます。


しかし、未だに問題解決には至っていません。27日、共同通信では、「茨城のちりからウラン検出」を伝えています。

大崎市でも、道端にある側溝清掃を禁止しています。それは規定以上の数値だからとのことでした。まだ終わっていない、現在進行形なんです。キノコなども販売していけない、提供していけないはずなのに、測定もせずに料理にも出していますし、販売もしています。


今回の廃棄物処理は、宮城県北地域にとっては、とても重要な課題となります。

「水道」が深く関連するからです。


今が良ければいいではなく、しっかりと現実を見つめた意見交換会だと思いますので、是非、皆さんも参加して聞いて見られてはいかがでしょうか?





・携帯モバイル専用サイト→ (コピペしてね) http://shop-ujat.ocnk.net/
・スマートフォンのお客様→http://shop-ujat.ocnk.net/phone/

☆クリック1票が元気の元になります!応援よろしくお願います!☆

○アクセスランキングにお願いします!○
仙台人気ブログRanking
にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東北情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 大崎(市)情報へ
ブログランキング
ウジャト
Posted byウジャト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply