こんばんは、ウジャトです。

朝夜と寒さが厳しさを増している東北です。
まず、悩むのは服装です。
明日は24~25℃の予報が(笑)

さてさて、久し振りの更新になりますね。

この度は山形県新庄市。

これからの時期はたくさんご参拝に行かれるのではないかと思われる、
学問の神様、菅原道真公

山形県新庄 戸澤神社 新荘天満宮1

戸澤神社 「新荘天満宮

山形県新庄 戸澤神社 新荘天満宮 手水舎
綺麗に整備された手水舎でした。

山形県新庄 戸澤神社 新荘天満宮本殿

山形県新庄 戸澤神社 新荘天満宮 撫で牛
道真公と牛は(丑)は言わずと知っているかと思われますが深い深い由縁と繋がりがありますね。

山形県新庄 戸澤神社 新荘天満宮 撫で牛2
ちょっと可愛い(笑)痛いところを撫でてと書いてあったので【目】と・・・全部ですね(笑)

山形県新庄 戸澤神社 新荘天満宮 鳥居
白い鳥居・・・

山形県新庄 戸澤神社 新荘天満宮 石垣

駐車場までクルクル3回通りすがり到着した神社でございました。
道真公のお話をしたら長くなりますが、「学問の神様」の裏には
怨霊信仰」があるということを忘れずにご参拝いただけるとよいかと思います。
生きていた人間が神と崇められる経緯を知ると、それこそ多くの学びがあります。

人の憎しみ、嫉妬、嫌がらせ、文学、言葉を伝える難しさ。
心が絞られるほどの悲しみ、苦しい時に支えられた感謝の気持ち。
時に与えられた事柄に背を向けた人間らしさ。

「祈り」は届くものかと訴えた心。
我慢に我慢をした際に生まれてしまった闇の感情。

恐れを感じた後にくる信仰心と慈悲を求める人々。
日本中に存在する天満宮、天満神社はただ学問を伝えるべく存在するのではなく
「人として生きる術」を伝えているように思い訪れてみてはいかがでしょうか?

山形県新庄 戸澤神社 新荘天満宮 流れる水

試験、合格祈願をなさる場合は試験を受けた後ではなく
常日頃、ご参拝なされるのが一番宜しいかと思います。

そして、形式に拘らず、素直に道真公の前に立ち頭を下げるだけでいいと思います。
勉学に励む清き心は曇っていない。真っ直ぐ、ただひたすら真っ直ぐ前を見ている。
それだけで十分です。大人のように貪欲ではない、とてもいい所です。

そして達成されましたらご家族とご一緒にお酒を御奉納いただくといいですね。

東北の冬は厳しいですので、可能な限りガッチリ貯蓄しましょう!
良いご縁は、自ら足を運んで受け取りに参りましょう!
ウジャト
Posted byウジャト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply