こんばんは、ウジャトです。
本日、お店から飛び出して山形へ行きました。

途中、怪しい雲行きを見ました。
・・・やはり豪雨に見舞われました。

今日は宮城岩手内陸地震が発生した日。
あの時も皆さんからたくさん支援されたことを
忘れません。

と、いうことで天候と共に天災への備えを
しておきましょう。古川だけではありませんが
仙台より奥地は支援など迅速ではありません。

さてさて、本日も宜しくお願い致しまーす!

洞窟・・・それはまさに継続的に研究されている
滝観洞でございます。

飛び出す岩をよけ、傾斜した道を慎重に歩く。

大さんこと隊長はグングン進む。
すると、すこし広い場所にでました。

大さんと私はとうとう、運命の出会いを果たすことになります。
この場所で?
そう! この場所で!

それは・・・・・

大の大冒険その1-9

や! やっ! 八つ墓村ロケ現場ぁーっっっ!!!!

鎧武者が一人腰かけているシーンでございます!

ギャァーっ!
ん~まぁ~っ!なんて出会いなの!?
なんて素敵な場所で過酷なロケをなさっていたの!?

大の大冒険その1-10

怪しい光は、八つ墓村のシーンを浮かび上がらせ、
何とも言えない興奮を感じました。

大の大冒険その1-11

現場へ直接行こうかと思いましたが、
これがなかなかの手強さでございまして。

ウジャ助
あきらめました(笑)

大の大冒険その1-12
昔の映画はCGなどじゃなく、リアリティー溢れる
現場、現地で重い鎧や重く大きなカメラや
洞窟の中ですから湿気があったり、大人数だったり、
まさに過酷の中で成功を収めることに全員が心に決め
命がけで挑んだに違いないと感動しておりました。

現代はお金を出していいものを手にすれば
それなりに作り上げることが出来る。

なんにしてもアナログって凄いなと思えます。

人の肉体構造だって、食べ物の知恵だって
建造物の強化にしても昔は頭脳が働いている。

人情、マナーも今は正直悪化を辿っている。
残念ですよね・・・日本人の誇りってどこにいった?

などと考えながらも前進します。

大の大冒険その1-14
すみません、ブレテイマァ~ス。
ここは、まだ真っ直ぐ立ち上がれ歩けます。

大の大冒険その1-15
でたな! アンモナイト!?
たまにくる恐竜軍団でございます。

大の大冒険その1-16
ボコボコしている洞穴サンゴだそうです。
我々のお仕事にも勉強になります!

大の大冒険その1-17
隊長ぉーっ!待って下されぇ~!
さすが隊長・・・頼もしいお姿はまるで本格派。
・・・腰に要注意の暗示がありますね。

大の大冒険その1-18
巨大な物体現る!
大の大冒険その1-19
・・・誤解をうけないようにお伝えいたします。
セクシャルな会話は控えましょう。(笑)
フローストーンが発達して形成された偶然の賜物。

大の大冒険その1-20
うげぇ~、波打ってるずらねぇ~。
工程を考えるととても不思議ね。

そして・・・・また!
またですかぁーっ!
またまた大さんは出会っちゃうわけ!

次回、引き続き大さんの大冒険続きます!
長文にお付き合いいただきまして有難うございました。

吉方位を皆さんも上手に活かしてくださいね!

ウジャト
Posted byウジャト

Comments 4

There are no comments yet.
仙台藩伊達君  
マジか!

マジすか!!!!!!!!!あの素晴らしい芸術作品である八つ墓ロケ地!これって知らないで行ったんですか!?

2017/06/15 (Thu) 01:12 | EDIT | REPLY |   
ウジャト恵観  
あ…!

全く知らずに行きました!…「つ」が抜けて八墓村になってました(笑)後で修正します!

2017/06/15 (Thu) 01:39 | EDIT | REPLY |   
コカ  

お二人共に、まさに本場もんのパワースポットに体を張って向かわれたんですね(笑)みる限り、お気軽探険環境ではないですよね

2017/06/16 (Fri) 13:30 | EDIT | REPLY |   
ウジャト恵観  
こんばんは

コカさん、こんばんは。お久しぶりでございます。おっしゃるとおり、単なる観光地ではございませんでした。柔軟体操は必要と思われます!(笑)

2017/06/16 (Fri) 22:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply