NHK大河ドラマ 「篤姫」

第20回  婚礼の夜」

ついに、篤姫は大奥入り!

◆今回のあらすじ◆
篤姫に、徳川家定との婚礼が近づく。しかし、城内でかくれんぼに興じていた家定の姿を見てしまった篤姫は、家定がまともな人物なのかどうか疑問を抱くことになる。

時代が大きく動いているときに、江戸や京から遠く離れた薩摩で過ごすことに尚五郎は焦りを感じていた。そこに大久保正助は、家定には暗愚との評判があると伝える。尚五郎は、篤姫が政治闘争に利用されているのではないかと危ぐする。

とうとう迎えた婚礼の日、長々とした儀式が続く中、家定は篤姫に関心を持つ様子が一向にない。夜になり、2人で床につくが、家定はさっさと寝ようとしてしまう。どうにかして家定を寝かさないようにしようと篤姫は話しかけるが、家定は「何か面白い話を聞かせよ」と言い、篤姫が語る昔話に喜ぶばかり。篤姫の家定への不信感は極まるばかり。幾島は、家定がうつけではないかといううわさを知っていたことを、とうとう明かす。しかしながら、島津斉彬が、「家定は実は暗愚ではないのではないか」とも言っていたと告げる。庭でアヒルを追いかけてはしゃぐ家定を見かけた篤姫は、自らそのうわさの真偽を確かめようと決意するが…。



篤姫の視聴率は近年の大河ドラマにはない安定ぶりをみせています。昔から大奥なども人気番組だけに、その経緯の中に、この「篤姫」の存在があったとなれば、気になりますよね。

意外に、日曜日に宿泊をすると、ちょっと面白い場面に遭遇することがあるんです。

基本的に、夕食を部屋で頂かない場合は、会席所で頂くのですが8時5分前辺りになると、大勢で賑わっていたはずが・・・・一気にいなくなるんです。(笑)

私達も大河ドラマ風林火山の際に、あれは確か、Gacktが出る時だったでしょうか。おばさん達が小島よしおの真似なんかをして大声で騒いでいたはずが、そそくさと走って部屋へ戻っていった姿がありました。女中さん達は、大変なんですよね。
現在、篤姫の撮影は、将軍家定逝去後、家定の棺(ひつぎ)の前で悲しみにくれるシーンが既に撮影されているようです。本寿院は『なぜ先に逝く・・・』と泣き崩れる。お志賀、滝山、歌橋も。

別のシーンでは、棺が置かれた部屋に一人やってきた篤姫も
『公方様、なぜそのような所にいらっしゃるのですか・・・』と。

早いものです。もぉ~完全に後半戦に突入しています。この篤姫は、後の島津家・薩摩藩の行動に大きな影響をもたらす存在になります。そうです。徳川幕府の運命と日本の藩主制度に大きな運命を動かす存在になるんですね。

ウジャトのモバイルサイト!今すぐアクセス!!
http://shop-ujat.ocnk.net/

○アクセスランキングにお願いします!○
仙台人気ブログRanking


ウジャト
Posted byウジャト

Comments 3

There are no comments yet.
ウジャト恵観  

今夜の家定様!最高じゃないですかー!
「えぇーっ!?」の突っ込みは笑えましたね~!久々に頭にポーン♪ときましたね!(笑)今後の家定様に期待です!

2008/05/18 (Sun) 21:06 | EDIT | REPLY |   
今川  

家定公絶対!ウツケではないですよね!あれには深~い意味があるんでしょうね

2008/05/19 (Mon) 01:18 | EDIT | REPLY |   
明智あけっちゃん  

見れなかったー(>_<)

2008/05/19 (Mon) 02:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply