お疲れ様でございます。
冷たく強い風が吹いている宮城県大崎市。
こんばんは!ウジャトでございます。

本日は、吉方位巡りで岩手県へ行った内容を
お伝えしたいと思います。

以前から気になっていた神社
やっと、この日に向かえることができました。

岩手県一関市にある 菅原神社 

岩手 菅原神社1
鳥居の前にはたくんさの石碑がありました。

菅原神社3

菅原神社 撫で牛
・・・撫で牛様がホルスタイン!?(笑)。
早崎は「うぁーっ!!丑さんだぁーっ!!!」
絶叫しておりました(笑)。

菅原神社 狛犬
インパクトのある狛犬様です!

菅原神社 4
はやる気持ちを鎮めて参拝してまいりました。

菅原神社 菅原道真公
等身大に近い道真公が座っておられました。
2月25日、菅原道真公は世を離れられました。
届かぬ想いを抱きながら、冷えた身体を病が纏い
どんなに辛い心境をなされていたか。

馴れ狎れたりて焼香散華の処
念仏読経の時を違へず

と、仏に帰依しながらも、

口に言ふことは能はず眼の中なる血
俯し仰ぐ天神と地祇とを

と、無実の罪を神に訴えようとしていました。
道真公は、運命それ自体は天によって、
もたらされると考えていたようです。
苦難の中で救いを求めたのは、
仏というよりも時に、「天神」、「地祇」、
「明神」、「霊祇」たる神、そして愛していた詩。
道真公像を見ながら悶々と考えて。
道真公の学びはまだまだの立場ですが、
涙が溢れてきました。

そんな中、早崎は・・・(笑)。
まるで猿のようにクルクル徘徊して
探索しております。すると・・・
「うぉーっ!!!」とおたけび!?

菅原神社5
弁財天堂がございました。そして、よく見ると

菅原神社6
あっ!大黒天様と恵比寿様が(笑)。

菅原神社8

菅原神社7
雪道を歩いて上に鐘がありました。
・・・すでに見上げるところに早崎あり!
早いっ!!! 「うぉーっ!」とまたおたけび(笑)
そして、「ゴォーン」と鳴らす!

菅原神社10

菅原神社11
素敵な背景でございます♪

菅原神社12
危ない技ですが、あまりにも綺麗で。
木漏れ日が光と道を照らすように。

菅原神社13
気がつかなかった撫で丑様。なんと、
鳥居近くにひっそりとご滞在されていました。
可愛い撫で丑様。思わず二人でナデナデ♪

興奮と感動の連続の神社でございました。
早崎もいい所だ!と絶賛しておりました。

【ご由緒】
嘉永三年(1170)大守鎮守府将軍藤原秀衡公が
京都北野天満宮より御分霊を当相川神野に勧請し、
神地神戸を寄進せられ、禰宜曳沢梅元をして奉祀せしめた。
平泉没落後は相川の氏神として崇敬を厚くしている。
寛永二年(1625)当村与右衛門発願者となり
現在地に遷座せるものである。

藤原家が道真公を祀る。意味深いですね。

行きはスムーズでしたが、ナビ検索で帰りは
裏山ルートに指示された私たちは絶叫タイム!!

まさに、行きはよいよい、帰りは怖い、で
ございました!(泣)。

道真公は私にとって永遠のお師匠様です。
更なる学びをしていきたいと思います。

ウジャト
Posted byウジャト

Comments 5

There are no comments yet.
上杉犬  
迫力ありますね

お疲れ様ですo(^-^)o恵観公の道真公への想いが解りますね。何か凄い迫力がある神社に感じるのは私だけでしょうか…。大きな石碑とか、牛さんとか。

2011/02/26 (Sat) 01:47 | EDIT | REPLY |   
ローカル朝生先生  
あっ!?

あっ!素敵なCBPが!(笑)狛犬さんも口から血が出ているようにも見えるけど。確か道真公って太宰府だと思ってたんだけど岩手の場合は北野天満宮からが多いのかな?

2011/02/26 (Sat) 02:14 | EDIT | REPLY |   
仙台藩伊達君  
道真公

岩手は道真公を恐れていたのだろうか?ここまで奉ると藤原家の考え方を知りたくなるよね~こんな時は道真公は!シゲルシゲザネで(笑)でもボサツも気になる!

2011/02/26 (Sat) 06:30 | EDIT | REPLY |   
岩手藤原門番  

凄い!辿り着いたんですか!この菅原神社、ナビで行くと該当なしで何回か悩んだ事がありましたね。地域的に道真公の怨霊を恐れて大切にまつっていたのではないでしょうか。凄いですよ本当に!

2011/02/26 (Sat) 18:11 | EDIT | REPLY |   
亀蔵  

ホントに狛犬の口が真っ赤!?僕も大学受験の際には謙信公、道真公の恩恵を頂いて合格できただけに、岩手に行った時に訪ねてみたいですo(^-^)oバスとかありますか?教えて頂けると助かります!

2011/02/27 (Sun) 01:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply