■東電、フランスに支援要請=


【パリ時事】
ベッソン仏産業担当相は28日のラジオで、
東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発の事故を受け、

東電から仏原子力庁と仏電力公社(EDF)、
同国原子力大手アレバに支援要請があったことを明らかにした。

EDFとアレバはAFP通信に、要請の具体的内容は明らかにできないとしている。

ベッソン氏は、現地で強い放射線が観測されたことを踏まえ、

状況は「極めて危機的だ」と懸念を表明。
「現時点で正確な状況把握は困難だ」と述べた。

アレバとEDFは既に、福島第1原発の事故を受け、燃料の核分裂反応を抑えるホウ酸約100トンのほか、

防護服やマスクなどの支援物資を日本に送っている。



正直な意見としては、何故もっと早く依頼判断できなかったのか。ただでさえ、政府はアメリカからの支援を一度却下し重大な問題を拡大させてしまったのに…。


余りにも現代の報道内容は、被災地域の人に対してメンタル的に追い込む内容が多いだけに、テレビを見てる方は、ある程度チャンネルを変更することも必要かもしれません。


私達も、11日の地震映像を見る事に抵抗を感じるようになり、チャンネルを変更するようになってしまいました。
ウジャト
Posted byウジャト

Comments 3

There are no comments yet.
名無しさん  
期待したい

俺も繰り返し流れる津波,地震を見るとチャンネル変えます。頭が痛くなるから…

2011/03/30 (Wed) 03:27 | EDIT | REPLY |   
wakanclub  

先日はアメーバのほうからコメントさせていただき失礼いたしました。

余震も治まりつつある中、様々な被害が明るみになり
心が休まる時間がないですよね。


2011/03/30 (Wed) 12:04 | EDIT | REPLY |   
Mac丼  
遅い対応

いったい日本の政治家は国民を守りたいのか、選挙を守りたいのか…。地震後、米、仏から支援申し立てがあったのにも関わらず却下した現政権。そして、大連立?連立しないと政治家は我々被災者を助けられないのだろうか。もっと早く素直にお願いしていれば、こんなに深刻な事態にならなかったのに(怒)

2011/04/01 (Fri) 03:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply