NHK報道局科学文化部より

【菅総理大臣の記者会見】

国民の皆様に重要なお知らせがあります。

本日私は内閣総理大臣として、海江田経済産業大臣を通じて浜岡原子力発電所のすべての原子炉の運転停止を、中部電力に対して要請を致しました。

その理由は何といっても、国民の皆様の安全と安心を考えてのことであります。同時に、この浜岡原発で重大な事故が発生した場合には、日本社会全体に及ぶ、甚大な影響もあわせて考慮した結果であります。

文部科学省の地震調査研究推進本部の評価によれば、これから30年以内にマグニチュード8程度の想定東海地震が発生する可能性は87%ときわめて切迫しております。


こうした浜岡原子力発電所のおかれた特別な状況を考慮するならば、想定される東海地震に十分耐えられるよう、防潮堤の設置など、中長期の対策を、確実に実施することが必要です。

国民の安全と安心を守るためには、こうした中長期対策が完成するまでの間、現在定期検査中で停止中の3号機のみならず、運転中のものも含めて、すべての原子炉の運転を停止すべきと私は判断を致しました。浜岡原発では、従来から、活断層の上に立地する危険性などが指摘をされてきましたが、先の震災とそれに伴う原子力事故に直面をして、私自身、浜岡原発の安全性について、様々な意見を聞いてまいりました。

その中で、海江田経済産業大臣とともに、熟慮を重ねた上で、内閣総理大臣として、本日の決定を致した次第であります。
浜岡原子力発電所が運転停止をしたときに中部電力管内の電力需給バランスが、大きな支障が生じないように、政府としても最大限の対策を講じて参ります。電力不足のリスクはこの地域の住民の皆様をはじめとする全国民の皆様がより一層、省電力、省エネルギー、この工夫をしていただけることで、必ず乗り越えていけると私は確信を致しております。

国民の皆様のご理解とご協力を心からお願いを申し上げます。

ウジャト
Posted byウジャト

Comments 5

There are no comments yet.
泰介  
覚悟したんですね

【ウィーン=藤田剛】国際原子力機関(IAEA)のフローリー事務次長(原子力安全・保安局担当)は5日の記者会見で「福島第1原子力発電所の状況は依然として非常に深刻」と語り、IAEAの判断を変更するほど事態は改善していないとの認識を示した。状況判断の変更には「原子炉の冷却機能の回復が必要」と説明した。

2011/05/06 (Fri) 21:05 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  
本当!?

浜岡廃炉ということなの?もし、そうならうれしい

2011/05/06 (Fri) 21:14 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

浜岡の防波堤なんて無駄だよ。今回の津波をみたら分かる。あとは、どれだけ早く停止させるかだね

2011/05/06 (Fri) 21:24 | EDIT | REPLY |   
上杉犬  

決意事項を延ばさなければいいのですが…今の総理は心配です。

2011/05/06 (Fri) 21:31 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  
やっぱり

原発を廃止するんじゃないんだね。防潮堤などの設備が完成するまで発電しないと言っただけのようだ。やっぱ最終決断はできないんだね

2011/05/08 (Sun) 07:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply