【地震関連】民間賃貸住宅を借上げについて

    民間賃貸住宅を借上げについて】


    東日本大震災の被災者に対して,県が次のとおり民間賃貸住宅を借上げて応急仮設住宅としてお貸しします。


    1 入居対象者(要件)

    (1) 災害により住家が全壊、全焼又は流出するなど居住する住家がない方で、自らの資力をもってしては、住宅を確保することのできないなど、長期間にわたって住家に戻ることが難しいと見込まれる方

    (2) 長期避難区域の指定や二次災害のおそれがあるなどにより、長期にわたり自らの住家に居住できない方
    ※プレハブ建築による応急仮設住宅の入居対象者と同じです。
    ※市町村域を越えての避難者、他県からの避難者も原則対象になります。


    2 借上げの対象となる物件
     民間賃貸住宅(アパート、貸家等)で、貸主が県を借主とする三者契約に同意しているものになります。

    ◎賃料の目安
    住宅間取り 入居世帯員数 月額賃料
    1K 1人(単身) 32,000円
    1DK 1~2人 42,000円
    2K 2人 45,000円
    2DK 2~3人 48,000円
    2LDK 2~4人 68,000円
    3DK 4人 57,000円
    3LDK 4人以上 69,000円
    上記金額は相場であり、上限額として上記金額に20,000円を加えた金額を上限額の目安とする。


    3 賃貸借契約の基本事項

    (1) 賃貸借契約は、貸主・県(借主)・被災者(入居者)の三者により締結し、県は借り受けた物件を被災者に転貸します。

    (2) 県は、毎月の賃料及び共益費・管理費、火災保険等損害保険料(2年分)、仲介料(賃料の0.525か月分)を負担します。また、退去時の補修費用(賃料の2か月分)を初回賃料支払い時に貸主に支払います。
    なお、公共料金、駐車場料金等上記以外の経費は、入居者が負担することになります。

    (3) 県は、貸主に、20万円を限度として、ガスコンロ、照明器具、カーテンを生活必需品として準備するよう要請します。(既設の場合や、間に合わない場合にはこの限りではありません。)
    (4) 入居期間は、2年間とします。


    エブリー大崎も応援してくださいね!
    ○アクセスランキングにお願いします!○
    仙台人気ブログRanking
    にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東北情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 大崎(市)情報へ
    女性人気ブログランキングL-Reco

    4 既に個人で契約し民間賃貸住宅に入居している世帯の取扱い

     平成23年3月11日の発災以降、既に個人で契約し入居している世帯についても、1の入居対象者(要件)及び2の借り上げの対象となる物件の要件の双方に該当し、貸主の同意が得られる場合には、県が三者契約を締結し、県の借上げ住宅として家賃等を負担します。ただし,3(3)の生活必需品の準備要請及びその経費負担はしません。
     
    具体的には、平成23年3月11日から平成23年4月30日までの期間に契約したものについては、平成23年5月1日付けで三者契約に切り替え、その後2年間を契約期間とします。なお、平成23年5月1日以降の既契約分については、新規入居と同様、申し込み後、三者契約が締結された日から2年間とします。


    5 受付窓口
     
     受付は各市町村になります。
     被災した際に居住していた市町村と民間賃貸住宅の所在地が異なる場合は,被災した際に居住していた市町村に連絡をして手続きを確認してください


    6 その他(重要)

    (1) 民間賃貸住宅借り上げによる応急仮設住宅に入居した場合、救助が完了したものとみなされ、災害救助法による自宅の応急修理は対象外となります。

    (2) 民間賃貸住宅借り上げによる応急仮設住宅に入居した場合、被災者生活再建支援制度の加算支援金(賃借料)の分は申請ができませんが、応急仮設住宅扱いの期間(2年間)終了後に申請可能です。(申請期限はあります。)



    みやぎの保健医療福祉 > 応急仮設住宅
    http://www.pref.miyagi.jp/hohuku/23daisinsai/minchin.htm


    実は、この民間賃貸借り上げ制度により、問題も発生しています。国・県側の仮設住宅建設が進んでいないことが最も原因ではあるのですが、地震により被害を受けた人や他県から仕事の都合で引越ししてきた人等が住居を求める事ができない状況が発生しているようです。とある不動産会社の方に話を聞きましたが、現在、津波による被災者優先になっているようで、何故か「地震被害者」と「津波被災者」を区別するような形になっているようで、残念ではありますが、「地震被災者」は全壊・大規模半壊でない限り厳しい状況のようです。


    これは大崎地域だけではなく、泉地域仙台でも同様な問題が起きているようです。

    まだまだ現状は厳しい状況が続きそうですが、
    今できることだけに専念し、一日も早い復興を願いたいと思います。


    エブリー大崎も応援してくださいね!
    ○アクセスランキングにお願いします!○
    仙台人気ブログRanking
    にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東北情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 大崎(市)情報へ
    女性人気ブログランキングL-Reco

    テーマ : 宮城県 - ジャンル : 地域情報

    Tag : 宮城県 民間賃貸住宅 大崎地域 泉地域 仙台 民間賃貸借り上げ制度 生活再建支援制度 東日本大震災

    コメント

    物件を探していて辿り着きましたm(__)m津波などでの被害はありませんでしたが、地震でヒビが入ったりしたので物件探しをしていましたが、不動産から津波被災ですか?と聞かれました。被災者の方が優先みたいで私のような者には厳しいようです(>_<)また、障害者の方や老人の方なんかも拒否されたりしているようです。みんな地震で被害を受けてるのに…。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

    プロフィール

    ウジャト

    Author:ウジャト
    ようこそ!
    パワーストーンショップ・ウジャトへ。
    パワーストーン、タロット占い受付中!
    笑いを届ける占い師。
    方位取りをしながら楽しく紹介してます。今現在の必要な情報や各地の観光情報を突然登場するかもしれない大黒天君がお伝えします。宜しくね!
    ・宮城県大崎商工会員
    ・上杉家温故会会員
    ・達谷窟毘沙門堂会員

    ブログ内検索
    カテゴリー
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる