近藤勇直筆の掛け軸発見

近藤勇


新選組の局長だった近藤勇の直筆の掛け軸(写真=霊山歴史館提供)が
5日までに京都市内で見つかった。

武士としての心情が漢詩でつづられている。
近藤の直筆は数点しか確認されていないため、貴重な史料という。


この記事のURL: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111005-00000064-jijp-soci.view-000


時事通信より


私は小学生あたりから図書館で歴史関係の本を読むのが好きでしたが、
お恥ずかしいことに、新撰組にはあまり興味を抱く時代ではありませんでした。

しかし、よく考えていくと・・・
日本の歴史的運命が変わる瞬間の時代でもあったのではないかと今は思っています。

皆さんもご存じだと思いますが「明治維新」です。

この明治維新の影響力は現在にも大きく影響しているんですよね。

時代が何百年も過ぎていると言うのに現在の法律も古い時代のものを改正せずに適用させている日本は世界的に遅いのかもしれませんね。


Wikipediaより<近藤勇>

農民・宮川久次郎の三男として生まれる。幼名は勝五郎。宮川夫妻には勝五郎の他に、長女・リエ(天保3年(1832年)に死去)、長男・音五郎、次男・粂蔵(粂次郎)がいた。出身地である武蔵国多摩郡上石原村は現在の東京都調布市野水(北西部に位置)に相当する。

嘉永元年(1849年)11月11日、勝五郎は天然理心流剣術道場・試衛館に入門する。盗人を退治するなどして近藤周助(近藤周斎)に認められ、周助の実家である嶋崎家へ養子に入り、嶋崎勝太と名乗る。のちに正式に近藤家と養子縁組し、嶋崎勇と名乗ったのちに、近藤勇を名乗った。万延元年(1860年)に清水徳川家家臣・松井八十五郎の長女である松井つねと結婚。翌年8月には府中六所宮にて、天然理心流宗家四代目襲名披露の野試合を行い、晴れて流派一門の宗家を継ぎ、その重責を担うこととなった。また、文久2年(1862年)には、長女・たま(瓊子)が誕生した。

文久3年(1863年)、清河八郎の献策を容れ、江戸幕府は14代将軍・徳川家茂の上洛警護をする浪士組織「浪士組」への参加者を募った。斎藤一を除く試衛館の8人はこれに参加することを決め、2月8日、浪士組一向と共に京都に向けて出発した。中山道を進み、2月23日に京都に到着すると、壬生郷士の八木源之丞の邸に宿泊し、世話になった。

新選組局長清河は朝廷に建白書を提出し浪士組の江戸帰還を提案した。異議を唱えた近藤や水戸郷士の芹沢鴨ら24人は京に残留する。京都守護職を務める会津藩主・松平容保に嘆願書を提出し、京都守護職配下で「壬生浪士組」と名乗り、活動を開始した。

結成当初の壬生浪士組は運営がスムーズに行かず、3月25日に壬生浪士組結成メンバーの一人である殿内義雄は客死した(暗殺説あり)。根岸友山の一派と粕谷新五郎 は脱退し、阿比留栄三郎は病死(暗殺説あり)し、家里次郎は切腹した。これにより壬生浪士組は近藤派と芹沢派の二派閥体制となった。

長州藩を京都政局から排するために中川宮朝彦親王(尹宮)、会津藩薩摩藩主導の八月十八日の政変が起こると、壬生浪士組は御花畑門の警護担当となるが、目立った活躍もなく長州勢の残党狩りに出動する。その後、働きぶりが認められ、武家伝奏より「新選組(新撰組)」の隊名を下賜された。文久3年(1863年)9月16日(一説に18日)、芹沢一派が暗殺されると、近藤勇主導の新体制が構築された。






携帯モバイル専用サイト→ (コピペしてね) http://shop-ujat.ocnk.net/

エブリー大崎も応援してくださいね!
○アクセスランキングにお願いします!○仙台人気ブログRanking
にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東北情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 大崎(市)情報へ
女性人気ブログランキングL-Reco


ウジャト
Posted byウジャト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply